FC2ブログ
旅★お茶時々コーヒー
旅行記と大好きなお茶の記録

プロフィール

アジアンぴよみ

Author:アジアンぴよみ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



ランキング

参加しています♪

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ご協力お願いいたします!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カウンター

たくさん飲んでね♪

杯目のお茶です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第8回地球にやさしい中国茶交流会と東京国際映画祭

10月20日に、去年から気になっていたイベントに行ってきました
その名も「第8回地球にやさしい中国茶交流会」というものです。
去年の第7回は都合が合わなくて行けなかったのですが、今年は行けたものの気づくのが遅くてほとんどのセミナーは満席
唯一予約が間に合った「茶葉鑑定の科学【高山烏龍茶編】」に参加することに
でも中国茶関連のショップがたくさん出店されるし、500円で2種類のお茶が楽しめるというお茶席もあるので楽しみです

会場は「東京都立産業貿易センター・浜松町館」というJR浜松町駅から徒歩5分位のところです。
IMG_4181.jpg
IMG_4180.jpg
私が参加したセミナーの「茶葉鑑定の科学」は、茶葉鑑定に欠かせないお茶の科学的な知識の紹介と、実際にお茶をテイスティングして、問題点の指摘や評価のポイントを学びます
台湾で高山烏龍茶を購入する際の、良いお茶を見極めるポイントなどを教えてくれるので実際現地で役に立つかなあと思い参加しました。
IMG_4184.jpg
講師はこの世界で有名な、渋谷の中国茶専門店「華泰茶荘」の店主「林 聖泰」氏です。

講義はたくさんの写真を使って、産地や品種の違いによる味の違いを乾茶の状態や、香り、茶色など様々な視点から感じることができました。
IMG_4188.jpg
IMG_4186.jpg
IMG_4195.jpg
6種類のお茶をテイスティングし、1時間半があっという間でした。
IMG_4193.jpg
IMG_4194.jpg

セミナー終了後はお茶席の当日券の販売まで会場を見てまわることに
IMG_4202.jpg
お目当ての一つだった「300円カフェ」へ向かいます
何のお茶が販売されるかは、当日のお楽しみでした
IMG_4208.jpg
私が選んだのはこれ
IMG_4209.jpg
飲んだことのないお茶を試してみたかったので・・・
茶海一杯分のお茶が飲め、茶殻ももらえるそうなのでタンブラーを持参して行きました
IMG_4206.jpg
茶海のお茶を茶殻入りのタンブラーへ移し、この後東京国際映画祭へ行く予定だったので、映画を見ながらゆっくり飲もうと思って持ち帰りました

そうこうしてるうちに、茶席のチケット購入のための行列が出来ていて急いで並びましたが遅かった
2回分、2種類の茶席に参加したかったのに1種類しか買えませんでした
IMG_4212.jpg
仕方なく様子だけ写真に収めました
IMG_4205.jpg
そして準備中のお茶席の様子も・・・
IMG_4214.jpg
お茶に合わせたテーブルコーディネートや使う茶器など参考になります。
IMG_4215.jpg
ちなみにこの「忍草」さんの茶席が行きたかったけど買えなかったお茶席です
IMG_4217.jpg
実際に私が参加した茶席はこちら
IMG_4218.jpg
一種類目のお茶は「鳳凰単ソウ石古坪」です。
IMG_4220.jpg
IMG_4221.jpg
余談ですが、このイベントは「地球にやさしい」を目指しているので茶杯は持参です。ごみの削減ですね
これはお気に入りのマイカップです
お茶の感想は、とにかく華やかな香りです
香水を飲んでるみたいですが、口の中がさっぱりするのでしつこくはありません。
台湾の高山茶のように淡い香りで薄味系(?)のお茶もいいんですが、単ソウは香りも味もしっかり主張してくるので、料理にも負けずにそれでいて油を流してくれるようなさっぱり感がいいですよね
よく熟したマンゴーなどの果物の味に例えられます
同じ熟した果実系でも、台湾の木柵鉄観音茶の方が甘く落ち着いていて、単ソウの方が香りは華やかで気品があり味も派手な感じです。
入れ方によってはものすごい渋みがあるんですが、入れ手のレイナさんはとっても上手でキレイなお作法でした。

次のお茶は「玉蘭香」です。
IMG_4222.jpg
IMG_4223.jpg
「単ソウ」という名前がつくお茶は80種類以上もあると言われています。
それは、単ソウの意味が独立した1本の木という意味で単独の1本の木から採取した葉だけで製茶し、それ以外の茶葉を一切混ぜないため茶木ごとに製茶法が微妙に変えられており、茶葉を採取する木が違えば味わいも香りも異なる茶となるからです。
有名なのは、香りがクチナシに例えられる黄枝香単ソウとキンモクセイに例えられる桂花香単ソウですね

今日の単ソウは一種類目の「石古坪」が産地の名前で二種類目の「玉蘭香」が香りの種類だそうです。
どちらかというと、2種類目の方が優しい味の単ソウですがこちらも華やかで思う存分単ソウを堪能できました

「鳳凰単ソウ」は中国広東省のお茶ですが、広東省に近い香港で大変好まれているので香港に行く機会があればお土産におすすめですよ
日本でもいろいろ買えるお店はありますが、有名なのは香港のお茶屋「英記茶荘」で買えます

さて、ここからはおまけですが同日に「第25回東京国際映画際」が六本木ヒルズで開催中で行って来ました
IMG_4224.jpg
IMG_4226.jpg
毎年、「アジアの風」という部門で、日本で公開予定のない貴重な海外作品を見るのを楽しみにしています。
といっても私は大好きなマレーシアとインドネシアの映画が目的なんですが・・・
今年は「インドネシア・エクスプレス」という特集があり、インドネシアの映画がなんと7本も上映されたんです
さすがに全部はスケジュール的に見られませんでしたが、5本は制覇してきました
今日はそのうちの2本を見に行きます。
IMG_4229.jpg
そして映画終了後にはQ&Aが行われ、監督や出演者から生でお話を聞くことができるのも魅力です。
IMG_4235.jpg
IMG_4239.jpg
これは「ガリン・ヌグロホ」監督の「スギヤ」という作品を観た後のQ&A
(左)主演の女優のアニサ・ヘルタミ・クスマストゥティと(右)監督
キレイな女優さんですね
IMG_4234.jpg
私は映画を通して大好きな国の文化や日常に触れることが出来る素敵な機会だと思うのですが、今年は重いテーマが多く考えさせられました。
最後に・・・
IMG_4242.jpg
六本木ヒルズから見た東京タワー


スポンサーサイト

テーマ:紅茶、日本茶、中国茶、、ハーブティー - ジャンル:グルメ


コメント

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
[2013/01/01 16:22] URL | 株式市場 #- [ 編集 ]

> とても魅力的な記事でした!!
> また遊びに来ます!!
> ありがとうございます。
うれしいコメントをありがとうございます!
参考になる記事作りを目指してます。
また遊びにきてください!
[2013/01/01 17:48] URL | アジアンぴよみ #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://tabiocha.blog94.fc2.com/tb.php/89-807bb326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。