旅★お茶時々コーヒー
旅行記と大好きなお茶の記録

プロフィール

アジアンぴよみ

Author:アジアンぴよみ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



ランキング

参加しています♪

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ご協力お願いいたします!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カウンター

たくさん飲んでね♪

杯目のお茶です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


香港一人旅2017年12月~1日目~

2度目の香港旅行で今回は一人旅🇭🇰
1度目は気づかなかった香港の魅力を感じたい😆
特に気になってるのは、超密集住宅ビルの「益昌大厦」❗️
それとB級ペニンシュラ食器屋さん♪♪

今回もLCC航空のセールを利用して、お得に航空券をゲットしました。

ホテルは、初めて香港へ行った時に、空港から市内はエアポート・エクスプレスを利用し、九龍駅からはホテルへの無料シャトルバスを利用したのですが、シャトルバスが渋滞といろいろなホテルを巡回するために時間がかかったわりには安くないという苦い思い出があったので、今回は空港バスを利用してバス停から近いホテルにしようと思いました。

本当はエアポート・エクスプレスの駅から近いホテルが一番良かったのですが、香港はホテルが高くてなかなか予算内で良いホテルがありませんでした😢

いろいろ検討した結果、MTR 「油麻地駅」から徒歩4、5分で、空港バスの停留所からは徒歩1分の立地にある「凱都酒店(メトロウィナーホテル)」に決定❗️
一泊7,548円と、私が一人旅で泊まるホテルとしては高めなんですが香港の物価を考えると仕方がない💦

さて、今回のフライトはバニラエアのJW303便、成田空港10:20発です✈️

相変わらず搭乗はバスでの移動😅

香港の到着予定は14:50なので、5時間半のフライトです😓意外と遠い・・・
本を読むか音楽を聴く位しかやる事が無いし、後は寝るか(笑)

時間を持て余しながら、やっと到着😫
到着してから入国ゲートまでが遠いのなんの😥

どうやらLCCの航空会社は、香港国際空港の新しい「ミッドフィールド・コンコース」という新しく増築した搭乗口に到着するようで、シャトルトレインを二駅分も移動します。

このシャトルトレインに乗車している時間が6分もかかる。
私は間違えて始めに到着した駅で降りてしまい、入国ゲートが見つからずに迷いそうになりました😭
たまたま人の流れについて行ったのが乗務員だったようで、こっちじゃ無いよと教えてもらえました(笑)

入国審査自体はスムーズでしたが、この移動に結構時間がかかりました。

入国後両替し、オクトパスカードという香港版SuicaのICカードを購入してエアポートバス乗り場へ🚍

A21系統のバスで市内へ向かいます。

二階建てバスの二階の先頭席に乗れました🙌

バスは約50分でホテルの最寄りバス停「文明里(マンミンレン)」に到着。
バスを降り、進行方向に40m歩いたところに「凱都酒店」の入り口が見えました。

ホテルのフロントは5階に有ります。


チェックイン時にデポジット香港$500を預けることになっており、日本円の一万円札でも対応してくれると聞いていたので迷いましたが、結局香港$で預けました。

香港のホテルは部屋が狭いのですが、ここは他の国並みで広い‼️


以前に五つ星ホテルのインターコンチに泊まりましたが、あまりの狭さに驚きました😳

浴槽は有りませんが、シャワーブースが分離されているので洗面所が濡れません🚿

シャワーの水圧も強かったです。

タオルは、バスタオルとフェイスタオルが1組ずつありましたが、チェックアウトまで補充や交換はありませんでした。

アメニティーは歯ブラシだけで、リンスインシャンプー、ボディソープ、ハンドソープは備え付けでした。

多くの人の口コミにあった、部屋にティッシュが無いは改善されており、ベッドサイドのテーブルの上にありました。

セイフティボックスも設置されていました。

ペットボトルも2本ありましたが、2日間で補充は有りませんでした。
ポットとカップもありますが、普通のホテルにあるようなインスタントコーヒーや紅茶のティーパックは無かったです。

それと、ハンガーも無いと聞いていましたが有りました!

私は、この部屋を一人で使用していたのでかなり快適でした。


さて、早速出掛けます
最近インスタで話題の鰂魚涌(クオーリーベイ)の超密集住宅ビル「益昌大厦」‼️

フランスの写真家Romain Jacquet-Lagrèze氏の写真で有名になり、映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」のロケ地になったことでも知られています。
写真好きトラベラーの間で大人気の場所なんです

↑こんな写真や↓こんな写真を私も撮りたい📷

行き方は「益昌大厦」で検索するといっぱい紹介されていますが、私はバスで行きました。

ホテルの前のバス停「文明里」から102系統「筲箕灣」行きで15駅目の「船塢里(SHIPYARD LANE)」で降り、道路を渡り、来た道を戻ります。
「福昌楼」「海景樓」「海山樓」「益昌樓」「益發大厦」の5つの建物の入り口があるそうですが、私は見つけられず「鰂魚涌市政大廈」の看板を左折して裏から入りました😅

私がたどり着いた時は、既に夕方の6時を過ぎていたので少し暗い写真になってしまいました。

実際の景色は写真ほど迫力は無く、周りが暗くて何処だかわかりづらかったのですが、人だかりでここだと気付きました(笑)
写真を撮ってる観光客で賑わっていました!

香港は人口密度の高さが世界第2位❗️
その人口密度の高さから、超高層ビルに部屋が密集しているという光景をよく目にします。

そんな香港らしい風景を見られて大満足でした😊

帰りはMTR太古駅から地下鉄で中環駅へ行き、スターフェリーで九龍島へ戻りました⭐️

スターフェリーは乗り場に到着したら、出発時間ギリギリで駆け込み乗船だったし、混んでて写真は撮らなかったのですが、クリスマスのイルミネーションが綺麗でした🎄

フェリーを降り、尖沙咀(チムサーチョイ)のバス乗り場から系統1のバスに乗って油麻地エリアまでやって来ました。

「廟街」のナイトマーケットをぶらぶらしながら、土鍋ご飯の有名店「興記菜館」を目指します。

土鍋ご飯こと「煲仔飯」は香港の冬の風物詩の一つで、日が暮れる頃になると、路上に並べられたテーブルで熱々の煲仔飯を食べる人々がいっぱいと聞いていましたが、まだ寒くないせいか路上にテーブルは出ていませんでした。

「興記菜館」ありました‼️

冬には長蛇の列ができる人気店とのことですが、右にも左にも同じお店が4軒くらい並んでおり、混んではいるけどなんとか席はありそうだ😳

おばちゃんに声をかけて、席へ案内してもらいましたがやっぱり相席でした。

メニューには日本語も併記してあったので、指差しで注文
オーダーしてから炊き始めるらしく、一番混んでる時間帯なのか35分も待ちました😣

私がオーダーしたのは「北菇滑雞煲仔飯」

椎茸と鶏肉の煲仔飯です😋
熱々の煲仔飯は味がついていないので、店独自の醤油ダレをかけてお焦げと一緒に味わうそうです!
ほんとは、煲仔飯がくるまでの間にオカズを食べ締めに煲仔飯を味わうものらしいのですが、この後デザートを食べに行きたい私は煲仔飯だけで😝

混んでるお店で相席しながらローカル飯を味わうこのローカル気分はサイコーでした😉

そしてデザートを食べに次に向かったのは、「興記菜館」から直ぐの「義順牛奶公司」油麻地店。

赤い牛のマークでお馴染みの牛乳プリンのお店です🐄

店頭からプリンがいっぱい並んでるのがみえます😍


看板メニューの「馳名雙皮燉奶」をホットで食べました❗️

雙皮(ション・ペイ)は皮が2枚という意味らしく、プリンの表面には皮が張っています。
甘くてあったかいプリンが胃に染み渡る~♡

香港といえばマンゴープリンが有名ですが、牛乳プリンも美味しいです👍


この後は、男人街を物色(笑)


ま、雰囲気だけ味わってきました😅

明日はB級ペニンシュラ食器屋さんと香港島を観光します♪
<香港一人旅2017年12月~2日目~>へ続く









スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://tabiocha.blog94.fc2.com/tb.php/215-e5abad20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。