FC2ブログ
旅★お茶時々コーヒー
旅行記と大好きなお茶の記録

プロフィール

アジアンぴよみ

Author:アジアンぴよみ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



ランキング

参加しています♪

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ご協力お願いいたします!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カウンター

たくさん飲んでね♪

杯目のお茶です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


箱根あじさい電車

今年は念願の箱根あじさい電車に乗ってきました
ところが、急だったのであじさい電車の予約が取れるわけもなく・・・
毎日午前と午後に「キャンセルありませんか~?」って電話かけてたら、当日にドタキャンする人がかならずいるので、乗りたい時刻に合わせて窓口で聞いてみるといいですよ~と親切に教えてくれました

というわけで、あじさい電車の予約はあきらめて当日のキャンセルを期待することに


<日程表>
1日目 昼食 ~ 箱根強羅名物、行列が出来る豆腐かつの店「田むら銀かつ亭」へ
→ 大涌谷
→ 宿にチェックイン ~ 夕食前に温泉へ
→ 夕食後「夜のあじさい電車」へ

2日目 大平台「あじさいの小径」散策
→ あじさい寺「阿弥陀寺」~ 住職の琵琶演奏を聴く
→ 帰宅
という余裕を持った予定でいざ箱根へ出発

11時開店の「銀かつ亭」を目指して出発し、10時40分位に到着です
IMG_5709.jpg
店頭の予約機で、メール呼び出ししてもらうように設定し、隣の「銀かつ工房」を覗きに行きます。
私達は3番目でした
もちろん開店と同時に入れましたが、食べ終わって店を出る時にはあまりの行列に驚きました
で、こちらがその豆腐かつ
IMG_5715.jpg
普通のかつ丼と違い、豆腐の間に挽肉をサンドしたものを揚げています。
まあ、いたって普通のかつ丼って感じで、正直並んで食べるほどのものじゃありません(笑)

店内も新館だったからでしょうか?特に趣もなく・・・
IMG_5711.jpg
まあ多少窓から見える景色が趣あるといえばありますかねえ・・・
IMG_5712.jpg
行列が人を呼んでるんでしょうか・・
普通に美味しいですが、本当に普通です。
でも行列店に行ってきたよという満足感のためというなら、一度お試しあれ・・・

続いて大涌谷へはどうしてもロープウェイに乗りたかったので、宿に車を置き最寄の中強羅駅からケーブルカーに乗ります
IMG_5719.jpg
中強羅駅でも標高668Mあります!
IMG_5723.jpg
ケーブルカーが近づいてくると、目の前のケーブルが動き出すのですぐわかります。
でも来た!と思っても、結構ゆっくりのようでそこから以外と待ちます(笑)
IMG_5724.jpg
ケーブルカーで終点の早雲山駅まで行き、そこからはロープウェイに乗り換えです。
IMG_5727.jpg
IMG_5728.jpg
強羅の町並を眺めながら、大涌谷へ向けて登って行きます
IMG_5731.jpg
途中、明星ケ岳の大文字焼きが見えたりします。
IMG_5732.jpg
突如谷を下り始めると景色が一変
荒涼とした大地に白煙が昇り、硫黄の臭いがしてきます
IMG_5733.jpg
IMG_5736.jpg
標高757Mの早雲山から標高差が287mある大涌谷へ到着です
IMG_5739.jpg
IMG_5741.jpg
ここまで来たら、1個食べれば7歳寿命が延びるという黒玉子を食べないわけにいきません
大涌谷にはたくさんのお土産屋さんがあるので、どこでも黒玉子を買えますが、私の目当ては一番奥の玉子茶屋です。
玉子がロープウェイのように運ばれるところも見てみたいし
というわけで、脇に目もふれず玉子茶屋を目指します
途中でなんだかカワイイ黒玉子の誘惑に負けちゃいましたが・・・
IMG_5743.jpg
道は整備されてますが少し登り坂です
IMG_5745.jpg
途中白い水が流れていますが温泉のようです
IMG_5746.jpg
あった~
IMG_5752.jpg
ここはさらにもくもくしてます
IMG_5751.jpg
標高も駅よりさらに6M高いです
IMG_5770.jpg
黒玉子は5個入りで500円です。残念ながらバラ売りはしていません。
IMG_5753.jpg
5個は多いけど明日までもつようなので、とりあえず購入です
IMG_5773.jpg
みんなその場で食べてる人が多いですね
IMG_5771.jpg
玉子はここで茹でているようです。
IMG_5760.jpg
何で黒いのか説明してくれてます
IMG_5754.jpg
なるほど~
そして下のお土産屋さんから注文が入ると玉子用のロープウェイで運ばれます
IMG_5774.jpg
IMG_5776.jpg
ではお土産屋さんまで下山して玉子をいただくことにしましょう
じゃじゃん
IMG_5782.jpg
殻をむくとふつうのゆで卵ですが、美味しかったです(笑)

そしてさっきから気になっていた「たまごソフトクリーム」とやらを食べてみました
IMG_5783.jpg
IMG_5784.jpg
ミルクセーキのようでこちらも美味しかったです

さて、この後は宿に向かう予定でしたが思ったよりも時間が早いので、明日行く予定だった「阿弥陀寺」に行ってしまおうと予定変更です。
残念ながら住職の琵琶演奏は、時間が合わないためあきらめることに・・・

「阿弥陀寺」は別名あじさい寺と言われ、3000株以上のあじさいが咲いているそうです
こちらは浄土宗のお寺で、皇女和宮様の位牌が祀られています。
私たちは車で行きましたが、最寄の駅から20~30分位かかるうえに急な山道です
IMG_5786.jpg
山の途中まで車で登れますが、すれ違いは出来ない急な坂道なので運転に自信が無い人はやめた方がいいと思います・・・。
息切れしながらやっと着きました
IMG_5787.jpg
IMG_5791.jpg
これらのあじさいはすべて現住職が自ら手植えし、30年あまりの歳月をかけて育て上げたというから驚きです
IMG_5788.jpg
あじさいに囲まれた仏様の姿も趣がありますね
IMG_5790.jpg
あじさい寺と言われて思い浮かぶお寺は、私にとって鎌倉の長谷寺なんですが、日本全国にあじさい寺と呼ばれるお寺はたくさんあるようですね


さて、宿にチェックインできる時間になったので宿へ向かいます。
本日のお宿は強羅温泉にある「宿坊 翠林荘」です。
宿の外観の写真を撮ったつもりで撮っていなかったので、部屋の写真から失礼します・・・
IMG_5793.jpg
装備品はこちら
IMG_5798.jpg
IMG_5797.jpg
浴衣は宿の入り口に置いてあり、自分でサイズを選んで持っていきます
IMG_5862.jpg
その他、ドライヤーなどの貸し出しなどのものも同じように入り口に置いてあるので、自由に持って行っていいようです。
IMG_5863.jpg
ロビーには自由に入れられるコーヒーメーカーが置いてあります
IMG_5861.jpg
IMG_5860.jpg

そして、宿の自慢は部屋の窓から見える景色と温泉です。
残念ながら私たちの部屋は1階だったのですが、2階の部屋からだと強羅の町を見下ろす景色が見られるようです
でも1階からでもなかなかの緑豊かな眺望です
IMG_5794.jpg
ちなみに屋上があるのでそこからの景色はこんな感じです
IMG_5872.jpg
IMG_5870.jpg
ちょっと時間帯が違う写真ですが、ほとんど変わらなかったです。

温泉の方はというと、大涌谷が源泉なので白い濁り湯で、24時間源泉かけ流しです
IMG_5801.jpg
IMG_5802.jpg
湯の花が下に沈んでたようで、あまり濁ってないように見えますかね
湯温が42度あり、足をつけた時に少し熱い感じですが浸かってるうちにちょうど良く感じられる温度です。
感触がツルスベなので美肌の湯に納得です

こちらの宿は一人一泊一万円で、このレベル(トイレ・風呂共同)は高いかなあと思いましたが、箱根界隈ではコストパフォーマンスの良いお宿のようです

さて、18:30に夕食をお願いしているので食堂へ参りましょう
夕食は選べる鍋になっており「牛すき焼き鍋」「鶏の水炊き鍋」「豚のしゃぶしゃぶ鍋」の中から好きなものをチョイスします。
周りを見渡しても、今夜はしゃぶしゃぶの人たちはいませんでした。
ちなみに私たちは、旦那様の大好物「すき焼き」を選びました
IMG_5803.jpg
IMG_5804.jpg
この後再びでかけなきゃならないので、お酒はこれだけです
IMG_5805.jpg
私達夫婦は地ビール好きなので、旅行先ではその土地のビールがあると必ず飲みます


さて、私たちが乗りたいあじさい電車の出発駅にはケーブルカーの最終に乗らなくてはならないので、出かけましょう
IMG_5809.jpg
だんだん暗くなってきて、ライトアップへの期待も高まります
出発駅の強羅に到着です。
IMG_5812.jpg
箱根登山鉄道についての説明がありました。
IMG_5813.jpg
明治時代から存在してたんですね
あじさい電車は、箱根湯本から出発する下り方面行きと強羅駅から出発する登り方面行きがあります。
私たちが狙っているのは強羅発のあじさい電車なんですが、窓口でキャンセルがないか聞いてみるとその時点で二組のキャンセルが出ていました
無事に乗車券をゲットしました
IMG_5810.jpg
いよいよ乗車です
IMG_5818.jpg
地元の方に聞くと、わざわざ予約が必要な夜のあじさい電車に乗らなくてもライトアップは見られるよと教えてくれるんですが、予約しないと乗れないあじさい電車は、ライトアップを楽しめるように車内の明かりを暗めにして
走ってくれます。
これがその状態↓
IMG_5827.jpg
さらにライトアップの前にさしかかるとスピードを落としてくれ、明かりを消してくれます。
IMG_5824.jpg
そして写真を撮れるようにと上部の窓は開けておいてくれます。
IMG_5856.jpg
IMG_5832.jpg
IMG_5839.jpg
また乗務員の楽しいアナウンスやパフォーマンスなど、サービス満載であじさい電車を存分に楽しめるように工夫されています
帰りに普通の車両に乗って帰ってきましたが、それなりにスピードが出てるので走りながらのライトアップの写真はぶれちゃうし車内も明るいので魅力半減でした。

何ヶ所か車内からライトアップを見学し、塔ノ沢駅では10分間の停車をしてくれ記念撮影や校内の銭洗い弁天へのお参りなども楽しめます
IMG_5846.jpg
IMG_5844.jpg
約1時間かけて箱根湯本駅に到着
期待以上に楽しく、これは頑張って乗った甲斐がありました
夜のあじさい電車、本当にオススメです

ところが・・・帰りはケーブルカーは運行終了しているため強羅駅からはタクシーで帰ろうと思いましたが、やはり捕まらず歩いて帰ることにしたんですが、15分ほどの距離とはいえ坂道だらけの箱根を歩くのは本当にきつかった・・・
ほとんどの人が泊りではなく、日帰りであじさい電車に乗った足でそのまま帰るそうです。
もし泊まるなら強羅駅か箱根湯本駅が便利かもしれません・・・。

翌朝はうぐいすの鳴き声で目覚め、朝も温泉に入り朝食をいただきます
IMG_5866.jpg
IMG_5859.jpg
玄関には靴が用意されていました
IMG_5865.jpg
結構宿泊客いたんですね・・・。

早朝は小雨が降っていたので、雨の中ちょうど風情あるあじさい散策になるかと思ったら・・・出かける頃には止んでしまいました
今日は大平台駅から「あじさいの小径」を歩いてみたいと思います。

夜のあじさい電車だけではなく、昼のあじさい電車にも乗りたいと思っていたので宿に車を置かせてもらい電車で出かけます
IMG_5879.jpg
箱根登山鉄道はスイッチバックをしながら進んで行くんですが、昼間だとその様子がよくわかります。
途中の宮ノ下駅は、夜のライトアップもきれいでしたが昼のあじさいもきれいですね
IMG_5883.jpg
大平台駅に到着です。
IMG_5936.jpg
IMG_5897.jpg
大平台は箱根七湯の一つで温泉街になっています
駅を降りて看板の方向へと歩いていきます。
IMG_5898.jpg
IMG_5901.jpg
こんな小さなかたつむりを発見
IMG_5909.jpg
途中、線路も横切るのであじさいとあじさい電車のシャッターチャンスも狙えます
IMG_5912.jpg
IMG_5915.jpg
線路から離れ、温泉街のほうへと進んでいくと温泉が触れるスポットもありました
熱湯でした
IMG_5920.jpg
IMG_5918.jpg
看板の道しるべが続いているので迷うことなくたどり着けると思います。
IMG_5922.jpg
IMG_5926.jpg
途中、民家の間を抜けていったりもします。
IMG_5928.jpg
こんにちは~
IMG_5930.jpg

以上、あじさい尽くしの2日間でした。
あじさいは各所に名所があると思うので、それぞれ美しいと思いますが一度乗ってみたかったあじさい電車に乗れてうれしい旅でした
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行


コメント

あじさい列車、情緒があってとても素敵!
私も今度乗ってみたいものです。

紫陽花って、本当に雨が似合うよね。
[2013/08/06 21:58] URL | さち #- [ 編集 ]


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://tabiocha.blog94.fc2.com/tb.php/120-f4dfc60b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。