FC2ブログ
旅★お茶時々コーヒー
旅行記と大好きなお茶の記録

プロフィール

アジアンぴよみ

Author:アジアンぴよみ
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



ランキング

参加しています♪

にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ

ご協力お願いいたします!



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



カウンター

たくさん飲んでね♪

杯目のお茶です



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年の結婚記念日旅行は秋田の乳頭温泉へ 2日目

2日目の朝は早起きして混浴の露天風呂に行こうかと思ったけど、さすがに朝の5時前は真っ暗
しかも早起きのおじさんが既に何人かいたので、中の湯へ行ってみることに
IMG_4576.jpg
ここは要するに源泉は混浴露天風呂の「鶴の湯」で泉質は含重曹・食塩硫化水素泉、源泉は39.4℃、PH7.1の少しぬるめな感じのお湯です。
「眼っこの湯」と呼ばれていて神経系統の病気や眼病に効き目があるそうです
すべてのお風呂の見た目は同じように濁っていて、どこもひなびた感じでいいんですが効能や肌触りなどはまるで違うそうなので、滞在中に全種類制覇したいです

部屋に戻り夜が明けるのを待ちながら、宿の案内などに目を通します。
IMG_4418.jpg
IMG_4416.jpg
IMG_4417.jpg
だんだん明るくなってきて宿の様子も見えてきました。
IMG_4580.jpg
明るくなってきたところで露天風呂に出掛けてみました。女性用にしましたが・・・
IMG_4577.jpg
ちょっと暗くてわかりにくいので・・・
IMG_4365.jpg
露天のお湯は少し青みがかって見えます
泉質は含硫黄ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉、源泉は38.7℃、PH7.4です。
黒湯とつながっているので脱衣などは黒湯を使用します。
それにしても露天風呂まで歩く道のりが寒くて、もう一度黒湯で温まってから上がりました
部屋に戻ったら旦那様が囲炉裏でくつろいでいました
IMG_4388.jpg

朝風呂の後は朝食です
朝食は本陣の食堂でいただきます。
IMG_4400.jpg
たまたま囲炉裏の席が空いて、囲炉裏に用意してくれました
IMG_4401.jpg
食事は一見地味なようですが滋味あふれる味です(笑)これぞ日本の朝ご飯って感じです
IMG_4399.jpg
個人的にはお皿使いも気に入り、特にふきの煮付けに使われているお皿は秋田の伝統工芸品の「楢岡焼き」のようで青色がとってもキレイ

食後はすっかり明るくなったので、日中の宿の様子をいろいろ収めて来ました
IMG_4405.jpg
鶴の湯事務所前の木の橋をわたると温泉棟があります。
橋の手前から中の湯がある建物を見渡しています。
IMG_4404.jpg
橋を渡ってすぐ黒湯と白湯があります。
IMG_4408.jpg
夜は暗くてよく見えませんでしたがお湯の説明がありました。
IMG_4409.jpg
昨日試した黒湯は天気が悪いと黒くなるんだ
IMG_4410.jpg
白湯はまだ試していないので、いつ入ろうかな
そして鶴の湯事務所裏にある一号館の入口。
IMG_4407.jpg
一号館にある内湯へ続く廊下を外から眺めています。
IMG_4406.jpg
この内湯にはシャワーやシャンプー、ボディソープがあるそうなので今夜はここに行ってみようかな
そして私達が泊まっている本陣。
IMG_4402.jpg
私達の部屋は「本陣四」でした。
IMG_4415.jpg

柿が干してある風景大好きなんですよね
IMG_4394.jpg
柿と言えば、鶴の湯事務所内の売店でお気に入りだったこれ
IMG_4429.jpg
干し柿の中にあんこと餅が入った「柿餅」
IMG_4451.jpg
ずんだ餡とお餅の入った「ずんだ柿」
IMG_4598.jpg
私は「柿餅」の方が気に入りましたが、これはかなりのヒット
新しいし美味しいし
あの干柿で作ったのでしょうか?

本陣の前にある2号館と3号館。
IMG_4393.jpg
2号館と3号館はは湯治棟のお部屋です。
そしてここは「離れ本陣」とあります。
IMG_4413.jpg
ホームページには紹介されていないんですが、JR東日本のパンフレット「びゅう」によると新本陣・東本陣と同じ値段設定になっているようです
その離れ本陣の隣にある「鶴の湯茶屋」
IMG_4422.jpg
こちらではカレー、おしるこ(冬季のみ)、コーヒー等の軽食が食べられます。
敷地内にある鶴の湯神社は雪に埋もれていました
IMG_4427.jpg
入口にはドラマの撮影で使われたという紹介の看板も
IMG_4423.jpg
IMG_4425.jpg
IMG_4426.jpg
やはりドラマの影響もあるのか韓国人も結構泊まっていました

お出かけから戻ってきたらアメニティとお菓子が新しくなってました
IMG_4575.jpg

今夜はここと決めていた一号館の内湯へ行きます
一号館の入口です。
IMG_4380.jpg
なんと秘湯に10回泊まると一泊無料サービスみたいです
IMG_4379.jpg
ここの廊下も風情があります
IMG_4377.jpg
温泉の入口です。
IMG_4370.jpg
ここの内湯の源泉は白湯のようです。
IMG_4374.jpg
泉質は硫黄ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素塩泉で源泉は58.5℃、使用位置は38.7℃、PH6.9で、結論から言いますと私は3日間ですべての源泉を試しましたが、ここが一番良かったです
少しぬるっとする感触が気に入りました
写真だと光が反射しちゃって見えにくいですが、入口の看板に酸性泉と書いてありました

今夜の入浴後の一杯は角館へ出掛けた時に買ってきた田沢湖ビール
IMG_4563.jpg
ビールの原料となる、大麦・ホップ・水・酵母のいずれも秋田県産を使用していて、その年に収穫した原料で仕込んでいる期間限定商品の“ビアヌーボー”です。
「二条大麦」と「六条大麦」の2種類があったので両方お買い上げ
昨日の秘湯ビールも同じ会社が作っているようですが、これはまたもの凄くフルーティーで美味しいです
どちらかというと「六条大麦」の方が好きかな

今夜の食事はわかりにくいですが、きりたんぽの鍋ではなく煮物(左上)
IMG_4565.jpg
今日は岩魚の骨酒をお願いしました
IMG_4570.jpg
これがたまらなくウマイのなんの
骨酒ってこんなにおいしいなんて驚き
今夜もサイコー

さて今日は田沢湖と角館へ観光に出掛けました
その記事は「2012年の結婚記念日旅行は秋田の乳頭温泉へ 2日目その2」で紹介しますね
<続く>
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://tabiocha.blog94.fc2.com/tb.php/100-796d8cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。